03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

そもそも保湿とは何か? 

先日、どこかのサイトで見かけたのですが(恐らくサッポー美肌塾)化粧水で保湿、油性のクリームで蓋、というくだりを読みました。そのときはサラーっと流していたのですが・・・改めて考えると「化粧水で保湿をするのか」となんだか妙にビックリしました。そうか、化粧水で保湿・・・


保湿のメカニズム


そもそも、よく保湿をしっかりと!とか、乾燥はお肌の大敵!とか聞きますし、自分でも保湿は大事、潤いは大切、とかなんだかかんだとこのブログで書いていますが、そもそも保湿とはなんなのだろうか?と今更ながらな疑問が沸き起こりました。ちなみにわたしの中では化粧水はブースター的な感覚であり、使っても使わなくてもいいもの。一方、クリームやオイルは蓋であると同時に保湿も兼ねている感覚でした汗・・・これって間違っているの?また一方で脱保湿という概念もあり、何がお肌にとっていいのでしょうか?

角質培養をはじめた頃に読んだスキンケア基本事典によると・・・

化粧水は何のためにあるのでしょうか。保湿などの効果はあまりないけれども、なんとなくみずみずしくなったような、よい気分になるから使っているようなものです。極論をいうと、スキンケアにおいて、化粧水はつけなくてよいともいえるくらいです。


と書かれています。わたしの認識もこのようなものであり、保湿は美容液ないしはクリームで補うという認識でした。





そもそも、保湿とは。


とりあえず手っ取り早く辞書で調べてみましょう。

[名](スル)乾燥し過ぎないように一定の湿度を保つこと。「肌を化粧水で―する」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/203875/m0u/


なんでしょう、ちょっと目からウロコ的。


「一定の湿気を保つ」


ことが保湿の意味なんですね!

わたしはなんでしょう、ちょっとそのあたりから勘違いをしていたかもしれません。乾燥する→だから何かをお肌に与えて保湿しなきゃ!といわば、レスキュー的に捕らえていましたが、そうじゃない。保湿とは与えるものではなく、「保つ」「維持する」ことが主眼なんですね!

と、目からウロコ的に「あ、そうなのね☆」と妙にすんなりと納得しました。





皮膚の潤い(水分量)を保つのは?


一般に、皮膚のうるおい(水分量)は皮脂(ひし)、天然保湿因子(てんねんほしついんし)、角質細胞間脂質(かくしつさいぼうかんししつ)という3つの物質によって一定に保たれています。角質層に保持されている水分のうち2~3%を皮脂膜が、17~18%を天然保湿因子、残りの約80%は、セラミドという角質細胞間脂質によって守られています。

ところが、これら3つの保湿因子が加齢などの原因で減ってしまうと、角質層の水分も減少し、皮膚がひどく乾燥した皮脂欠乏症になってしまいます。
http://www.skincare-univ.com/article/000003/


そう、ここで気づきました。そうか、皮膚のうるおいというのは水分量なのか・・・←スミマセン。そして、その水分を保持するために以下の3つの物質が必要と。


 1 皮脂(ひし) 2~3%
 2 天然保湿因子(てんねんほしついんし) 17~18%
 3 セラミドという角質細胞間脂質(かくしつさいぼうかんししつ) 約80%



なるほど・・・それで数多の美容本はセラミド系の美容液を絶賛オススメしているのか、と。

たぶん、わたし、色々な本で読んで勉強したはずなのに・・・ちっとも知識が見についていないわね。表面的にしか理解していなかったわ。反省。

セラミド系の美容液は一度、試してみたいと思うのだけれど、化粧水とクリームだけのシンプルに慣れてしまうと美容液を足すのが面倒になるのよね・・・セラミド美容液+クリームにすればいいのかなぁ~。これはちょっと後日、改めて考えます。





1 皮脂は水分を保つ大切な膜。


汗と皮脂(皮脂腺から分泌される脂)が混ざり合ったもので、天然のクリームとも言われます。天然の油膜として肌の表面を覆うことで、水分の蒸発を防ぐとともに、摩擦抵抗を減らし、表面をなめらかにしています。また、皮脂膜に含まれる脂肪酸によって弱酸性を保ち、細菌の繁殖を防いでいます。

皮脂の量と経皮水分蒸散量(TEWL)は、逆相関関係にあるために皮脂の量は多すぎても少なすぎてもいけません。皮脂の分泌が少ないと肌にザラつきやカサつきが出てバリアも弱まります。反対に皮脂の分泌が多すぎる、肌が脂っぽくベタつき、皮脂が刺激物質に変化し肌の炎症を招き、ニキビの要因にもなります。このように皮脂膜が重要な機能を果たすためには、適度な皮脂の分泌が必要です。
http://www.skincare-univ.com/article/000003/







2 水分を蓄えてキープする天然保湿因子。


Natural Moisturizing Factorといい、NMFと略されます。ケラチノサイト(角化細胞)が角化する過程でタンパク質から作り出されます。水分と結合する性質があり、アミノ酸、尿素、乳酸、塩基類などで構成されています。水分を吸着する性質が強く、水分を角質層に供給し、柔軟性と弾力性のある角質層の性質を保つ役割を担っています。
http://www.skincare-univ.com/article/000003/


また、スキンケア基本事典によると・・・

NMFの利点は、肌馴染みがよいことです。水溶性なので化粧水などによく配合されています。値段も安いので、あまり乾燥に悩んでいない人にはおすすめですが、乾燥が気になる人はやはりセラミドかヒアルロン酸などを使ったほうがよいでしょう。


とのこと。






3 肌バリヤとなる細胞間脂質(セラミド)の働き。


角質細胞の構造は、よくレンガとセメントに例えられます。角質細胞(レンガ)同士を角質細胞間脂質(セメント)が結びつけることで、内部の水分蒸発を抑え、外部の刺激から守るという役割があります。


ここでは軽くさらりと。セラミドに関しては後日、改めてもっと詳細をダラダラと記したいと思っています。セラミド配合の美容液なども含めてきちんと調べたいので。






1~3までの成分が協力し合っている。


角質細胞内でNMFが水分と結合し、角質細胞間脂質がしっかりと水分を抱き込むことで角質の水分は保たれているのです。さらにその上にある皮脂膜が肌の表面を覆い、水分が蒸発するのを防ぐフタの役割をしています。この様な柔らかく、はかなげな成分で作られた構造に、肌の持つしなやかな強さと、美しさの秘密が隠れているのです。
http://www.skincare-univ.com/article/000003/


結論として・・・


 1 皮脂(ひし) 2~3% → 水分に蓋をする
 2 天然保湿因子(てんねんほしついんし) 17~18% → 水分と結合する
 3 セラミドという角質細胞間脂質(かくしつさいぼうかんししつ) 約80% → 水分を抱き込む



ということなんでしょうね。


保湿、保湿、とか叫んでいたけれど、その概念を理解していなかった自分がいたことに今更ながらにガーンです。涙。


ちょっとこの保湿関連に関してはもう少し掘り下げて調べていきたいと思います。



【余談】
冒頭にあげた「化粧水で保湿、油性のクリームで蓋」ですが・・・これはメーカーが打ち出す姿勢の違いなのかな、と思います。

化粧水をただの水ととらえるか、いえ、保湿のために必要ととらえるかはそのメーカーの姿勢によるのではないでしょうか。そして、その答えはわたしたちの肌で出す必要があるのだろう、と。化粧水が必要ならば使う、そうでないのならば使わない、とその取捨選択はわたしたちにあるのでしょう。いずれをチョイスするかはわたしたちの肌が教えてくれると思います。





■ランキングに参戦しています♪
にほんブログ村 美容ブログ にほんブログ村 ノンケミカルスキンケア にほんブログ村 美意識(美容) FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ


■snowwhite運営ブログ
わたしの家事メモ。
わたしの日常
アラフォー主婦のファッション迷走記


関連記事

Category: 美意識。

Thread: 美と健康!

Janre: 心と身体

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurubihada.blog6.fc2.com/tb.php/558-a10935bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。