03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

「菌活」って何? 

ネットを徘徊していると、「菌活」なる言葉が目に入り、興味を持って調べてみました。これは美に通じるものがあるなと思いました。いってみれば菌子ちゃんの拡大verみたいなもん?育菌ライフのすすめ ~『菌子ちゃんの美人法』青木皐著

きのこらぼ

分かりやすく言えばヨーグルトなどの発酵食。わたしは塩麹をうまく使いこなせなかったのですが、あれも菌ですよね~。あと、納豆も食べられないのですがこれも菌。それに皆様、きのこも菌。そのキノコに関して魅惑的なサイトを発見しましたわ!その名もきのこらぼ

納豆やヨーグルト、味噌、麹などが菌ということは知っていましたが、きのこも菌なんですね!そう言われてみるとそうなのかぁ~と妙に納得をしました。

わたしは割りときのこが大好きで毎回、何らかの料理にきのこを使っていますが、そうかぁ~きのこも菌なのかぁ~とシミジミ中。本当に勉強になりますので下記に貼り付けておきます!

注目の「菌活」、7割の女性が実践 ヨーグルト、納豆、味噌を毎日食べる生活
 近年、発酵食を食べることで体に良い菌を積極的に取り入れる「菌活」によって、美容や健康維持を心がける女性が増えている。トレンド総研は、今注目の「菌活」をテーマに意識調査を実施した結果を発表した。
 20歳代―40歳代の女性に、きのこ、ヨーグルト、納豆など、菌が含まれる食品を摂取する頻度を聞いたところ、「1日1食」との回答が41%で最も多かった。「1日2食」(31%)、「1日3食以上」(10%)を合わせると、8割以上(82%)が1日のうち少なくとも1食は菌を摂取している。
 また、73%が普段の生活で菌を含む食品の摂取を「意識している」と答え、特に意識して摂取している食材は、乳酸菌を含む「ヨーグルト」(83%)がトップだった。2位は納豆菌を含む「納豆」(71%)、3位は麹菌を含む「味噌」(56%)、4位はまるごと菌を食べられる「きのこ」(49%)となった。
 菌は種類によって期待できる効果が異なり、例えばヨーグルトに含まれる乳酸菌は、花粉症対策の1つとして知られている。味噌、塩麹、甘酒などに含まれる麹菌は整腸作用により便秘予防に良いと言われている。納豆菌は血栓溶解作用があり動脈硬化予防効果が期待される。菌類(きのこ)は免疫力を高めるほか、肌荒れ予防に役立つビタミンB群も豊富に含まれる。
 医学博士で管理栄養士でもある本多京子氏は、気温が変わりやすいこれからの時期に、菌を食べることは美容だけでなく健康づくりにも役立つと勧めている。回答者に体調管理の一環として菌を意識的に取り入れたいと思うか質問したところ、90%が「そう思う」と答えた。
 なお、本多氏によると、食事で取り込んだ菌はたいてい3日ほどで体外に出てしまうため、毎日継続して食べることが重要だという。


きのこで菌活!おススメ簡単レシピ3つ
「菌活」ってご存知ですか?「菌」というと体に悪いイメージがありますが、誰もが知っているであろう乳酸菌を始めとして、カラダに良い菌は色々とあるので効果的に摂りましょう!という活動です。もちろん、美肌にも効果的!今までLBRでも甘麹や塩ヨーグルトなど、良い菌の摂れる食材をご紹介してきましたが、今回は話題の菌活の中でもきのこについてお話したいと思います。
■菌活が美肌に良いワケ
「春こそ効果大!デトックスで目指す美肌」でも触れましたように、腸の働きが悪く、身体の中に毒素が溜まると、皮膚からも毒素を排出しようとして、ニキビや肌荒れの原因になるんでしたね。
菌活で良い菌を増やすことで、腸の働きがスムーズになりデトックスできます。そして、綺麗になった腸は、栄養の吸収もスムーズになり、お肌にも栄養がいきわたり健康的な美肌を保つ事ができます。

善玉菌を増やすには
乳酸菌や麹菌、納豆菌など、良い菌自体を摂る事も大切ですが、体外から摂取した菌は腸内に住み着くことはできず、いずれ排出されてしまいます。
ですから、腸内に常駐している善玉菌を増やさなくてはいけません。腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖などを積極的に摂る必要があります。

きのこによる菌活で摂れる魅力的な栄養素5つ
意外と知られていませんが、きのこはそれ自体が菌です!低カロリーでダイエット食のイメージの強いきのこですが、実は優秀な菌活食材なのですよ。その他に摂れる嬉しい成分5つをご紹介します。
(1)食物繊維
きのこ全般に多く含まれます。エリンギは、なんとキャベツの2倍もの食物繊維を含んでいます。
(2)ビタミン類
代謝を良くするビタミンB1、お肌の生成に関わるビタミンB2、カルシウムの吸収を良くするビタミンDが豊富に含まれています。とくに、マイタケはビタミン類が豊富です。
(3)アミノ酸
脳を活性化して、ストレスへの抵抗力を強くするグルタミン酸系のアミノ酸が多く含まれています。ストレスからくる肌荒れやニキビにお悩みの方にもおススメです。
(4)カリウム
体内の余分な水分を排出する効果のあるカリウム。むくみ対策におススメなのはもちろんですが、これからの季節、汗によってカリウムが失われやすいので積極的に摂りたい成分です。
(5)GABA
リラックス効果でおなじみのGABA。最近の研究では、ブナシメジやブナピーにGABAが多く含まれていることがわかってきたそうです。リラックスは美肌の基本ですよね!
この他免疫力を向上させるβグルガン、肝臓の働きをサポートするオルニチンも豊富に含まれています。きのこに、こんなに沢山の栄養素が含まれているってご存知でしたか?しかも、低カロリー!菌活で美肌を手に入れるためには、きのこは欠かせない存在なのです。


13年春夏の美容トレンドのキーワードは「菌活」=トレンド総研
“菌”の美容・健康効果とは? 継続的に菌を食べる「菌活」に注目集まる





■ランキングに参戦しています♪
にほんブログ村 美容ブログ にほんブログ村 ノンケミカルスキンケア にほんブログ村 美意識(美容) FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ


■snowwhite運営ブログ
わたしの家事メモ。
わたしの日常
アラフォー主婦のファッション迷走記


関連記事

Category: 食べるモノ。

Thread: 美と健康!

Janre: 心と身体

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurubihada.blog6.fc2.com/tb.php/522-8fb11606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。