10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

【1】自律神経について考えてみる。 

自律神経ってなんだろう?イチオーAEAJのアロマテラピー検定1級を取得していますのでそのときに自立神経云々も勉強しました。要はバランス、という感覚なので、具体的に説明はできません。ただ、認識として美と健康のために自律神経のバランスは重要だということだけは把握していました。

免疫力を高める「副交感神経」健康法

世に数多ある健康法、例えば、爪もみ、気功、ヨガ、鍼灸、冷えとり、足裏マッサージ、諸々、それらは結果として自律神経のバランスを整える=健康になる、ということなのだろうと思っています。今回は、『免疫力を高める「副交感神経」健康法』を紹介。簡潔でダイレクトな内容で分かりやすかったです。

以前、『「これ」だけ意識すればきれいになる。自律神経美人をつくる126の習慣』を読んだことがあります。そのときの感想はこちら、自律神経美人って・・・何?そのときの感想はひとえに下記に集約されます。笑。

ただ、いみじくもタイトルが示しているように126の習慣って多すぎじゃね?っていう感じでしょうか。ポイントがぼやけてしまい、読後、頭がクラクラしました。


そう、言っていることはいいことなんだろうけれど、ポイントがあまりにも多すぎて、わたしにはぴんっときませんでした。結局はこれをすべて実践しろってこと?でも、そんなの覚えてらんねー・・・そうだ、ゆっくりと生活しろ!ってことね、と乱暴に解釈しております。汗。

それに比べると『免疫力を高める「副交感神経」健康法』はシンプル、かつ、分かりやすく、改めて自律神経美人ならぬ、副交感神経美人を目指すことにしましょう。

※以下の内容は基本的に『免疫力を高める「副交感神経」健康法』も『「これ」だけ意識すればきれいになる。』から抜粋していると思ってくだされば幸いです。





自律神経とは何か。


まず、自律神経は、自分自身の意思とは無関係に動きます。

おい、持ち主の意を無視して動くなんて!一体、お前は何様!?

自律神経はわたし達の体の中で体温、脈拍、血流を微調整しながら、四季の変化や天候の移り変わりに体が順応していけるように働いてくれるのです。


例えば・・・

夏 → 自律神経の副交感神経が優位になり、体温を下げて暑さをかわしてくれる。
冬 → 自律神経の交感神経が優位になり、血圧を上げて寒さに備えてくれる。

そして・・・

春と秋は交感神経副交感神経が入れ替わる時期なので、自律神経の働きもそれだけ不安定になります。だから、季節の変わり目は、過ごしやすい気候のわりには疲れやすかったり、なんとなく調子が悪く感じやすいのです。


このように自律神経は季節の変化や一日の天候の変化などに体がスムーズに対応できるように働きます。いい子ちゃんなんです。自律神経がきちっと働くと体の調子はよくなります。

しかし、この自律神経が行なう切り替えは、想定外のことに弱いのです。想定外のこととは何か?様々なストレスが想定外のことにあたるようです。





現代はストレス社会。


自律神経がバランスを崩すきっかけになるストレスには以下の種類があります。

「物理的ストレス」 異常気象、温熱、寒冷、騒音、公害
「生物学的ストレス」 細菌、花粉
「肉体的ストレス」 仕事、披露、睡眠不足、痛み、こり
「心理的ストレス」 身内の生死、失敗や挫折、悲しみや不安、ショックや落ち込み


思い当たる項目が多いのではないでしょうか。

これらの各種ストレスにたいして、自律神経は体を守ろう!と向かっていくそう。そして・・・

ストレスが強いほど、また、たまっているほど交感神経が過剰に優位になり、自律神経のバランスが崩れていくのです。
自律神経のバランスが崩れると同時に血流も阻害されて、体調不良や病気など心身にさまざまな悪影響を及ぼすことになります。


逆のことをいえば・・・

自律神経のバランス=副交感神経と交感神経のバランスを高いレベルで安定させ、整えれば、体の隅々まで血液と酸素が流れ、結果として健康的な体を手に入れることができる、ということなのでしょう。

そのことは『免疫力を高める「副交感神経」健康法』も『「これ」だけ意識すればきれいになる。』も指摘しています。


自律神経のバランスこそが健康と美に通じる、と。


ちょっと長くなりそうなので何回かに分けて書きます。ちなみにわたしはただの主婦ですので、勘違いや覚え間違いなどがあるかもしれません。そのあたりはやんわりとご指摘いただけたら幸いです。。。


>>続きはこちらへ!【2】自律神経はバランスが命。





■ランキングに参戦しています♪
にほんブログ村 美容ブログ にほんブログ村 ノンケミカルスキンケア にほんブログ村 美意識(美容) FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ


関連記事

Category: 体質改善決意表明。

Thread: 美と健康!

Janre: 心と身体

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurubihada.blog6.fc2.com/tb.php/425-ad1df524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。