09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

『油抜きでは美しくなれない!良質オイルで潤い女子へ』 

オイルについてコンパクトにまとめられていて分かりやすかったので紹介します。食べるオイル、塗るオイル、美容のみならず、健康をも左右します。お肌と体によいオイルを見分けましょう!

油抜きでは美しくなれない!良質オイルで潤い女子へ

美容業界で話題沸騰中の『オイル』。オリーブオイルやグレープシードオイルを食生活に取り入れたり、アルガンオイルをスキンケアやヘアケアに活用するなど、使い方は様々で、美肌づくりに欠かせないアイテムとして重宝されています。

例えば、ダイエット中に「油を摂ると太る」と思い込んでいる人も多いようですが、油を一切摂らない“油抜きダイエット”では、便秘がちになり代謝も低下、逆に体に悪影響をもたらすことになり兼ねません。美しくなるハズだったダイエットが、ボロボロの身体を作ってしまいます。また、スキンケアの考え方も同様で、油を取らないと肌や髪も乾燥でカサカサになってしまいます。

しかし、ただ無意味に・無選別に油を摂っていても、美容に良いとは言えません。美しくなるために 不可欠なのは、『良質なオイル』。今回は『良質なオイルの選び方』を中心に、詳しくご紹介していきます。



積極的に摂りたい、良質なオイルとその成分とは?
美容のためにも是非摂りたいのは、続きを読む以下に記載されれいる成分が含まれるオイル。それぞれに働きが違うものの、体内では作れない重要な成分ばかりです。

・αリノレン酸
シソ油・えごま油などに多く含まれています。善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあり、美容効果としては肌や髪にハリや潤いを与えます。熱に弱く酸化しやすい性質なので、そのままかけたりドレッシングにするのが効率的。また、酸化を防ぐためにビタミンCやビタミンE、βカロチンと一緒に摂るのがオススメです。
イワシやサンマなど、青魚がオススメ。

・DHA、EPA
青魚の脂身、いわゆる魚油に多く含まれています。脳の活性化や血液サラサラ効果が有名で、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病の予防に効果があると言われています。美容効果としては、乾燥や肌荒れ防止効果などがあります。

・オレイン酸、パルミトレイン酸
オリーブオイル・アーモンドオイル・グレープシードオイルなどに多く含まれています。悪玉コレステロールを下げる他、人の皮脂を構成する働きも。乾燥や外敵からも肌を守ります。酸化しにくく熱に強いという特徴があり、加熱調理もOK。

上記でご紹介した良質なオイルは、不飽和脂肪酸と呼ばれる部類に属しています油は、『飽和脂肪酸』と『不飽和脂肪酸』に分けられ、『飽和脂肪酸』は肉や乳製品などの動物性の脂肪を指し、摂り過ぎると健康に良くないものとされています。


※snowwhite注。このあたりの表現にやや疑問を感じています。油を飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類するのでしょうか。そうではなく油に含まれている脂質の種類によって分類されるじゃないかなーと思いながら読んでおりました。でも、専門家でもないし、何ともいえません。。。

 >飽和脂肪酸 脂質の材料で、エネルギー源として大切な脂肪酸です。ラードやバターなど、肉類の脂肪や乳製品の脂肪に多く含まれます。これらの脂肪酸は溶ける温度が高く、常温では固体で存在します。
 >不飽和脂肪酸 脂質の材料で、エネルギー源や身体の構成成分となるほか、血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあります。また一部の多価不飽和脂肪酸には、脳神経の発達やアレルギー症状の緩和を助けるなど、ほかの脂肪酸にはない有効な働きがあります。
 ※飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸説明はこちらのサイトから引用しております。

さらに、不飽和脂肪酸は『オメガ3』と『オメガ9』、そして『オメガ6』に分けられるのですが、実は『オメガ3』・『オメガ9』と違い、『オメガ6』はまったく正反対の働きをしているのです。
『オメガ3』とは?
最も摂りたい脂肪酸。代謝アップでダイエット効果、ハリツヤをもたらす美肌効果、生活習慣病予防の予防にもなります。上記でもご紹介した、青魚に含まれる『DHA』や『EPA』、シソ油やえごま油に含まれる『αリノレン酸』は、オメガ3に分類されています。

★『オメガ3』が多く含まれる食品
・サーモン
・マグロ
・イワシ
・サバ
・ブリ
・サンマ
・亜麻仁油
・大豆製品
・クルミ
・ケール
・ほうれん草 など。



『オメガ6』とは?
必須脂肪酸ですが、摂り過ぎは禁物。すでに、現代人はオメガ6を摂り過ぎてしまっていると言われています。

★『オメガ6』が多く含まれる食品
・ひまわり油
・コーン油
・サラダ油
・マヨネーズ
・ピーナッツ油 など。


おやつにはアーモンドやナッツを。


『オメガ9』とは?
良質な油として有名な『オレイン酸』が多く含まれているのは、オメガ9。悪玉コレステロールを減少させ、血液をサラサラにする効果や、便秘解消効果もあります。

★『オメガ9』が多く含まれる食品
・オリーブオイル
・アボカド
・アーモンド
・ピスタチオ
・カシューナッツ
・ヘーゼルナッツ
・マカダミアナッツ など。


このあたりはまぁ当然のことを書いているな、という感覚ですね←上から目線・・・汗。

 >オメガ3摂取のススメ。
 >【1】狂った油を食べていませんか?
 >食べる美女肌セラピー
 >世界一の美女になるダイエットバイブル/エリカ・アンギャル

要注意!身体に害を及ぼす油とは?
良質な油とは反対に、摂り過ぎると身体に害を及ぼす恐れのある油もあります。肉や乳製品に含まれる飽和脂肪酸はそれに当たりますが、例えば不飽和脂肪酸でもコーン油、サラダ油、マヨネーズなどに含まれる『オメガ6』に関しては、アレルギーを引き起こしたり、炎症を促進したり、血液を固めるなどの作用があります。さらに、マーガリンやショートニングなどに含まれる『トランス脂肪酸』は、自然なものではなく加工が施されており、体内で分解することができません。これは悪玉コレステロールを増加させ、心臓病のリスクを高めたり、ガンや認知症、免疫機能の低下、不妊症、アトピー・喘息・花粉症などのアレルギー症状を引き起こすことも。さらに、美容の大敵・老化を早める作用もあるので、摂り過ぎには注意が必要です。

良質な油には、ダイエット効果がある!?
ダイエットの大敵のような印象がある油。でも逆に「油がダイエットに効果的」と言ったら、驚かれる方も多いのではないでしょうか? 実際に良質なオイルは、代謝を促す効果があるのです。その結果、体脂肪が落ちやすい身体に! 例えば『魚油』には、体脂肪を抑える働きがあります。DHAやEPA、それに、前述した良質なオイル『オメガ3』も魚油に該当します。これらの成分が、脂肪をつくる遺伝子を抑制することで、体脂肪が増えるのを抑えてくれるのです。さらに、基礎代謝をアップさせる効果もあるため、体脂肪の燃焼をサポートするスグレモノなのです。

良質なオイルには、美容効果もある!
良質なオイルに期待できるのは、ダイエット効果だけではありません! お肌にハリと潤いを与えてくれるなどの効果があります。逆に油が摂れていないと、乾燥の他、肌荒れ、生理不順、抜け毛などを引き起こすことにも。ダイエットのつもりで油を摂らなければ、どんなに痩せてもキレイ見えることはありません。そういう意味でも、良質なオイルを摂ることは、女性にとって必須なのです。

良質なオイルなら、便秘も治せる!
油抜きダイエットをすると、便秘症になる人も少なくないようです。油分が足りていないと、腸の細胞膜も硬くなり、栄養が吸収されにくい状態になります。そうなると、代謝が落ちるだけでなく、身体に様々な悪影響を及ぼすことに。良質なオイルをとって、腸内の働きをスムーズにすれば、長年悩んでいた便秘が解消される程の効果もあるほど。便秘は肌荒れの原因にもなりますので、良質なオイル(とくに『オメガ9』)を積極に摂って、便秘解消に努めましょう!

逆に、良質なオイルと反対の作用をもたらす『オメガ6』は、必須脂肪酸ではあるものの、摂り過ぎには注意が必要。特に現代人は食生活の中ですでに摂り過ぎの傾向にあります。これを摂り過ぎると、便秘を引き起こす原因にもなります。

まとめると……
★積極的に摂りたい良質オイルを含む・・・・・・オメガ3、オメガ9
例:青魚、亜麻仁油、大豆製品、オリーブオイル、アボガド、アーモンドなど。

★過剰摂取を避けたいオイルを含む・・・・・・・オメガ6、トランス脂肪酸
例:コーン油、サラダ油、マヨネーズ、マーガリン、ショートニングなど。


ショートニング(shortening)とは『サクサクさせる、ポロポロにする』という意味を持つ、植物、動物油脂を原料とした練りこみ専用の固形油脂として開発され、市販のパンやお菓子などに必ずといっていいほど含まれています。

 >日本マーガリン工業会のショートニングに対する見解

ショートニングは危険だとか悪いものと捉える人が多いですし、snowwhiteも一時期、そう思っていた時期があります。イチイチ、裏面をチェックしてこれはダメ、これもダメ・・・と。

でも、今はショートニングそのものよりも摂取量のほうが問題なんだ、と思っています。現代では普通に日常生活を送っていく中、どうしてもショートニングを含んだ食品を知らず知らずのうちに摂取していきます。それがダメ、とか悪いとか言うのではないのです。ただ、摂取量を意識する、しないでは大きく変わってくるような気がします。

上の上質なオイルだって摂取すればするほど体にいいってもんでもありません。過剰摂取は肥満につながるでしょう。何よりも体内の栄養バランスが崩れるでしょう。

 >トランス脂肪酸の無いショートニング

市販のお菓子を生涯、食べない!なんてことはsnowwhiteにはできません。でも、意識する。原材料に「ショートニング」が含まれている・・・その意識する、しないで量は自然と減っていくと思っています。マーガリンは使わない、マヨネーズは使わない、食パンは材料を見る・・・などなど。



いずれにせよ、食べることはバランスとの戦いだと思っています。体と美容によいものだけを食べる。そういう生活もありでしょうが、誘惑に弱いsnowwhiteには無理でした。砂糖オイシー、ショートニングを使ったお菓子オイシー、牛乳オイシーなどなど。その中でバランスを意識して、結果として美と健康に繋がるといいなーと思っています。



■ランキングに参戦しています♪
にほんブログ村 美容ブログ にほんブログ村 ノンケミカルスキンケア にほんブログ村 美意識(美容) FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

関連記事

Category: 食べるオイル。

Thread: 美容関連

Janre: ファッション・ブランド

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurubihada.blog6.fc2.com/tb.php/326-db741a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。