06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

永谷園生姜部 

こんなサイト、ご存知ですか?snowwhiteは知りませんでした~。サラっと紹介だけして逃げます・・・汗。

冷えに悩む女性の皆さん、是非、参考までに~。

永谷園生姜部

ショウガのプロフェッショナル「生姜部」結成! 生姜スイーツ本も発売中
スーパーの店頭に行くと、生姜を使った商品を多数みかけるようになりましたよね。なかでも永谷園は「冷え知らずさん」シリーズとして、「生姜とん汁」「生姜たまごスープ」「生姜豆乳鍋スープ」「生姜ぞうすい」など、女性に嬉しい商品がたくさん。
その永谷園で話題になっているのが社員で結成された「生姜部」!
生姜という素材を究めるために、社内の部門や職位を超えて多種多様の人材が集まったという永谷園の「生姜部」。くる日もくる日の生姜のことを考えていたら、あたまが生姜になってしまった……という部員の面々が綴るブログは、生姜への愛と生姜に関する情報が満載! 生姜好きならぜひチェックしてみて!生姜部の歌まであるんですよ(笑)。
生姜部のサイトで特におすすめなのは「ぶらり生姜料理食べ歩き」のページ。日本全国の生姜料理や生姜を使った商品を食べ歩いた感想がたくさん載っていて、必見です!
ブログには生姜レシピも掲載されているのですが、昨年の11月には、生姜部が監修したレシピ本「永谷園生姜部のしょうがスイーツ」が出版されました。掲載レシピは、「しょうがパウンドケーキ」「しょうがクッキー」「しょうがプリン」「しょうが黒糖寒天」「クルミしょうが」など。お菓子作りが好きな方はブログとともにこちらも要チェックです!
【送料無料】永谷園生姜部のしょうがスイーツ
【送料無料】 「冷え知らず」さんのしょうがの知恵 ポカポカ美人に、なろう。




生姜を使ったレシピ一覧
http://www.shouga-bu.com/recipe/

生姜の基礎知識
http://www.shouga-bu.com/report/

商品




寒い冬、風邪の予防などに人気の高い生姜商品
寒い冬、風邪の予防として、また血行促進作用や吐き気を抑える効能、殺菌能力などから我々の身近にあった生姜。ここ数年は、その作用が再認識され、数多くの商品が次々と世に送り出されている。
 冷しあめやあめ湯などといった生姜入りの飲み物は、関西を中心に昔から親しまれているものの、近年は若者が手に取る機会は少なく、全国的な広がりを見せてこなかった。だが、昨今の生姜ブームを受けて、食品業界や飲料水メーカーだけでなく、製薬会社までもが次々と生姜入り製品を発売し、その売り上げを伸ばしている。
 キリンビバレッジは生姜の香りが漂う「ぽっぽ茶」を、サントリーフーズは往年のベストセラーと組み合わせた「生姜のはちみつレモン」を発売。さらに、明治が「温かしょうがのど飴」を売り出している。また、ローソンが「家カフェスイーツ」のラインナップに「プレミアム柚子とジンジャーのロールケーキ」を加えるなど、生姜の入っている商品の充実度は高い。永谷園の『「冷え知らず」さんの生姜シリーズ』に関しては、ホット飲料だけでなく、カップスープやお菓子類、ふりかけなどを展開、さらには積極的に他企業の製品とコラボすることで、酒や漬物にまでその商品の幅を広げ、すでに15億円以上もの売上を達成しているという。
 生姜そのものを食べたいという人には、山田養蜂場から販売されている「しょうがはちみつ漬け」は、収穫後2ヶ月以上寝かせて香りも辛みも増した国産の「囲い大しょうが」をスライスし、アカシア蜂蜜にたっぷりと漬け込んでいておすすめだ。しょうが湯やしょうが紅茶、煮物へのアクセントや臭み消しに使えるだけでなく、ケーキやクッキーなどスイーツへの風味づけなどにも使える。また、皮つきの生姜を使用しているため、皮のまわりに多く含まれる血行促進成分「ジンゲロール」がたっぷりと含まれている。「生姜は、体を温めるだけでなく、食欲促進の働きもあることから、寒い季節の食養生としてお料理にも積極的に使いたい食材として人気が高いようです」と担当者はいう。その言葉通り、気温が低下してきた10月以降から、大きく売上を伸ばしている。
 さらに書籍としても「体温を上げると健康になる」(サンマーク出版)や「生姜力」(主婦と生活社)などがベストセラーとなるなど、ここ数年は特に、冬場を中心に生姜ブームが起こっているようだ。この現象は、人々の体を温めることへの関心と、生姜がその効果をもたらす身近な食材であること、この2点の要因が合わさり、かつてない程のスポットを浴びているのかもしれない。
http://www.excite.co.jp/News/product/20120105/Economic_itm_k111231_120_2.html




■ランキングに参戦しています♪
にほんブログ村 美容ブログ にほんブログ村 ノンケミカルスキンケア にほんブログ村 美意識(美容) FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ



関連記事

Category: 食べるモノ。

Thread: 健康

Janre: 心と身体

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurubihada.blog6.fc2.com/tb.php/303-99c0b4bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。