07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

早起きは美肌への道。 


表題通り。

早起きは美肌への道に通じるようです。

正確には早起きする→自然と夜、寝る時間が早くなる→お肌のゴールデンタイムの睡眠時間確保!という流れになるのだと思いますが。で、現在のsunowwhiteはまさしくこれを実践中。もともと、朝型人間で夜は弱いのですが、体質改善に入り、早朝ウォーキングをするようになったことが完全な朝型へのシフトになりました。そして、その後、【送料無料】「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!を入手したことが朝4時起きに拍車をかけました♪(゚▽^*)ノ⌒☆

色々と書かれており、目からウロコ方式というかストーンと納得するモノがありました。この本を読んだ当初はそうだ!自己実現のためにキチンと計画立てて早起きライフをしよう!と思いましたが、結果としてお肌にもいい作用をもたらしているような気がします。

ちなみに現在のタイムスケジュールは・・・


【平日】
4時~5時起床 趣味の時間&家事
5時半 お弁当&晩ご飯の準備
6時15分 化粧&出かける準備
6時50分 出勤
 
 仕事

18時10分 帰宅
18時40分 晩ご飯
19時~ 趣味の時間&入浴&ストレッチ
22時~23時就寝


という感じです。23時を回るまで起きていることはほぼありません。昔はあんなにドラマとかテレビとかをダラダラ見ていたのに、今は逆にほとんど見ません。テレビを見なくても困らない、逆にテレビを観ている時間がもったいない、と思うようになったのも大きいと思います。また、働くことによって生活に嫌でもメリハリがつき、趣味の時間確保ー!勉強時間確保ー!するためにどうすればいいのか、と考えた結果、朝4時起きは効率的でした。


さて、そんなことよりもお肌と朝4時起きの関係性。

上記の平日のタイムスケジュールを見ていただいたら分かるかと思いますが、夜は22時~23時に就寝するようにしています。というかそのころにはお眠さんモードになるので、勝手に体と頭が眠りに入るようになります(汗)。平日に23時回る時間まで起きていることはあんまりないかもねー。で、朝は4時から5時のあいだに目を覚まします。ちなみにsnowwhiteは目覚まし時計を使っていません。体内時計で起きたい、と思った時間に就寝するようにしています。勝手に朝、目が覚めるんですよねー汗。


 お肌のゴールデンタイム=午後10時から午前2時。


ということを知っている方は多いでしょう。とはいえ、働いている忙しい現代女性にその時間の確保は難しいかもしれませんね。事実、出版社勤務時代のsnowwhiteはそんなことを意識する暇すらありませんでした。毎日最終電車で帰宅、翌朝、また寝不足のまま出社が日常だったのですから。でも、お金をかけてなんとかお肌の維持をはかっておりましたがー今はお金をかけずに日常の生活を立て直すことでお肌をキープしたいと思っているのですが。なので4時起き、もとい、23時までの就寝を目標にしています!そして、質のいい睡眠を心がけたいもの。今日はなんだか体がダルイな、という夜こそ朝までストレッチをするとスッキリと眠れます!snowwhiteは深い呼吸を意識しながらヨガをちょこちょことやっています。やっぱり、やるとやらないとでは大きく違ってくることを実感します。なら、毎日、やれよーという感じなのですが・・・汗。

皮膚の細胞は日々生まれかわっていますが、それは眠っている間にだけ起こります。これには、自律神経とホルモンの働きがかかわっています。自律神経には活動時に働く交感神経と、休息時に働く副交感神経の2つがあります。昼間起きているとき、交感神経は脳に血流を集めて手足や目、口など体の動きや感覚をコントロールし、その分肌への血流は不足します。逆に、夜間は副交感神経が優位になり、脳への血流が減って内臓や皮膚への血流が増加します。この時間帯に、肌は栄養をもらって再生するのです。

 また、睡眠中には成長ホルモンの分泌が多くなります。成長ホルモンは体の新陳代謝を促すため、分泌が活発になる睡眠中に、体の機能の修復や疲労回復、皮膚の再生などが行われるのです。昔から「寝る子は育つ」「美人は夜つくられる」と言われますが、これらは科学的にも正しかったのですね。逆に、睡眠が不足すると肌の代謝も低下し、ニキビや乾燥、くすみなどの肌トラブルを招いたり、シミ、シワ、たるみなどの肌老化が進んでしまうということになるわけです。

(一部略)

自律神経のバランスを整える意味でも、交感神経が優位になる朝には起きて日中活動し、副交感神経が優位になる夜は眠るのが望ましいのです。また、眠りを誘うホルモンと言われるメラトニンは、朝日を浴びることで昼間の分泌量が抑えられ、夜しっかり分泌されるようになります。これによって、夜ぐっすり眠るリズムがつくられるのです。やはり“早寝早起き”がよいということです。

   
単純に一日だけ早起きすればいいってもんでもないでしょう。

早寝・早起きは体内のリズムに基づいた生活の立て直し=規則正しい生活ということだと思います。そして、その結果として、精神の安定感や疲労感の回復、美肌への道に通じるのだと思います。たまの夜更かしは魅力的です。リモコンを片手にダラダラと寝転びながら、テレビを見るのもたまにはステキ。近くに何かつまむものがあるともっとステキ。でも、そんな生活をお肌は喜ばないのでしょうね。30も半ばを超えた、今のわたしならしみじみと痛感します。でも、20代の頃のわたしなら「ふん、何さ!」と反発しただろうなー・・・ああ、若いとは無軌道なりよ。

お肌の調子がちょっといけていない・・・お手入れを頑張っているのに・・・食べるものにも気を使っているのに・・・運動もしているの・・・

そんな時、身近な睡眠を見なおしてみるのもありかもしれませんね。


※尚、【送料無料】「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!の著者池田千恵さんはtwitterをされています。http://conecta.jp/pawapo/で彼女のtwitterが見れます。フォローをするといい刺激になります。ああ、ヨジラーだ!と感動したりwww気が向かれた方は是非、フォローをなさってみてはいかがでしょうか?

【参考サイト】
肌と睡眠のいい関係
睡眠不足は肌のトラブルの原因に




【オススメ☆snowwhiteも使っています。手作りコスメのお店】
手作り化粧品材料 マンデイムーン
手作りコスメ素材の店「ぴのあ」
ケンコーコム
セラピストの問屋

乾燥肌の人がつくった化粧品屋さん
あなたの為の化粧品工房BS-C

■ランキングに参戦しています♪
にほんブログ村 美容ブログ にほんブログ村 ノンケミカルスキンケア にほんブログ村 美意識(美容) FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
関連記事

Category: 美意識。

Thread: 美容関連

Janre: ファッション・ブランド

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurubihada.blog6.fc2.com/tb.php/247-a7ca6f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。