09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

【1】狂った油を食べていませんか? 


年末にこの本を入手して、もうとっくに読み終えていたのですが・・・なかなか記事をアップできずにすみません・・・

やはり働く主婦というのは大変ですね(汗

わたしは旦那よりも1時間早く出勤します。帰宅時間は30分ほど違うだけで、日々、バタバタしちゃうんですよね。日常生活をこなすことで精一杯で、ブログにはなかなか手が回りませんでした><今後もこのスパンで記事を書くことになりそうですが、どうぞ宜しくお願いします。

さて、『食べる美女肌セラピー ―― 体の中からキレイになる』ですが、結論として大変勉強になりました。色々と書かれているのですが、基本は美味しいものをバランスよく食べようということが美肌とダイエットへの近道なんだな、と新たに意識が確認できたことはよかったです。また、食べるオイルについても考えさせられ、わたしの考えは間違っていない、と再認識させていただきました。ありがとう、伊達先生!

ちなみに続きで現在、わたしが使っているオイルの写真を掲載します。

愛用のオイルたち。


写真を見ていただければ分かるかと思いますが、左から以下の順番になります。

 ・有機JAS(無農薬・無添加)オーガニックフラックスオイル(有機亜麻仁油)(ビン)190g
 ・イタリアで育まれ、伝統の技で搾る一番搾りのオリーブオイル 日清オイリオ BOSCO エキストラ...
 ・ 「九鬼 純正 太白胡麻油 600g」ごま本来のもつ旨味が生きたごま油です。九鬼 純正 太白胡麻油...
 ・なたね油(母から仕入れているw)
 ・リノール酸たっぷり、すっきり軽い風味 日清オイリオ 日清ピュアグレープシードオイル 460g
 ・オーガニック100%有機食用オリーブオイル使用!アルチェネロ エキストラヴァージン・オリーブ...

これらを使い分けています。基本は 「九鬼 純正 太白胡麻油 600g」ごま本来のもつ旨味が生きたごま油です。九鬼 純正 太白胡麻油...であり、あとはその時の気分などで使い分けています。

例えば、サラダには有機JAS(無農薬・無添加)オーガニックフラックスオイル(有機亜麻仁油)(ビン)190gが専ら。パスタ料理にはリノール酸たっぷり、すっきり軽い風味 日清オイリオ 日清ピュアグレープシードオイル 460gなどなど。尚、オリーブオイルは置いてはいますが、好んでは使いません。意識しているのは一つのオイルを続けないこと。週単位で必ず複数のオイルを摂取するようにしています。それぞれオイルの特性が違うので。そして、購入の際にこのオイルは何から作られているのかを見るようにしています。

恐らく、皆さんが普段、よく使っておられるオイルはスーパーなどで特売しているサラダ油ではないでしょうか?わたしも結婚当初、そういうものを購入していました。何を基準に買ったらいいのかよく分からず、売り文句の帯を見て買ったりしていました。しかし、今は一切、それらを使っていません。考えてみれば、実家の母も一切使っていません。母は常になたね油かごま油でした。それを思い出して、わたしもそれに倣えと上記のようなオイルを使うようになりました。

サラダ油とは・・・
サラダ油のほとんどは、オメガ6系の油を何種類かブレンドした「混ぜ油」。しかも、現在の日本の表示法では「食用油」「調理用油」などの表記でよいことになっているため、何を原料とした油なのかさえよくわからいものが多いのです。
また、大量生産を可能にするために薬剤で抽出したうえ、長期保存のために安定剤や防腐剤などの添加物を加えているものがほとんどです。
「XXX100%」という、いかにも純粋で質のよさそうな油や、コレステロールを下げる、血糖値を下げると宣伝されている「健康油」なども大量生産・長期保存を可能にしたものである以上、加工油に代わりはありません。残念ながら自然な油とは言えないでしょう。
その証拠に、スーパーなどの売り場に並んでいる油のほとんどは透明なプラスティック容器に入っていますよね。油はとても酸化しやすいので、純粋なものであれば、プラスティックではなく、瓶、それも濃い色で遮光された瓶に入っていなければおかしいんです。


上記の写真のオイルではなたね油と太白胡麻油以外は全て瓶に入っています。とびっきり酸化しやすい有機JAS(無農薬・無添加)オーガニックフラックスオイル(有機亜麻仁油)(ビン)190gは開封後も絶対に箱に入れて、冷蔵庫保存をしています。なたね油は瓶ではないけれど、光は通さない缶に入れられています。ごま油はビタミンEのおかげで抗酸化力が抜群なのでプラスティック容器なんだろうと思っています。我が家で使用するオイルは全て何が原料で作られているかわたしは把握したいと思っています。


何を言いたいのか。


皆さん、トランス脂肪酸という言葉はご存知でしょうか?一部では狂った油、と言われています。ちょっと長い引用になりますが、以下をどうぞ。


「狂った油」トランス脂肪酸 規制しなくていいのか

心筋梗塞や心臓病との関連が指摘されている「トランス脂肪酸」を含む調理油の使用を、2007年4月末でやめる―米ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は、06年10月30日にこう発表した。米マクドナルドなども民間団体などから批判を受け、使用量を減らす努力をしているが、日本でもすでに「トランス脂肪酸」を無くす動きが企業レベルで始まっていた。

日本ケンタッキー・フライド・チキンはどうなのか。同社広報は、

「日本とアメリカでは使っている油が違っているんです。ずっと研究を続けてきていまして、もともと日本の油はトランス脂肪酸の含有量が低いのです。さらに06年秋から、含有量を半減させた油を使っています」
と説明する。「食の安全と健康」のため、フライドチキンの美味しさを保ちながら、今後は含有量ゼロにまで持っていきたい、としている。

厚生労働省も「危ない油の可能性はある」

米ケンタッキー・フライド・チキンはトランス脂肪酸を含む油の使用を中止 食品メーカーも、トランス脂肪酸の含有を低く抑える取り組みが始まっている。らでぃっしゅぼーやでは06年7月に同脂肪酸含有量を1%以下に抑えた(一般的には8%~15%)マーガリンを開発し発売した。新しいコンセプトのマーガリンを作る企画書が社内に出されたのは06年4月だった。既存のマーガリン製品の製造工程を変え、製品化した。
同社コーポレートコミュニケーション室では、

「アメリカで問題視されるようになり、やがて日本にも規制がかかることを見越して開発に入ったんです」
と、同脂肪酸対策に乗り出した経緯を語った。

対策が民間レベルで進んでいるのに、日本の行政は「危ない油」に対する施策はこれといって取っていない。
厚生労働省はJ-CASTニュースの取材に対し、「危ない油の可能性はある」とし、調査の必要はあることは認める。民間団体などから含量数値を食品に表示するようを求められているのも事実だ。
ただ、厚労省は

「欧米との食生活の違いがあり、日本人は脂肪の摂取量は多くないので、これといった対策はとっていない。もっとも、バランスのよい食事をすることが重要で、(少ないリスクをあれこれ挙げていけば)結局は、食べるものが無くなってしまう」
という。
この考えの根拠になっているのが、04年8月に発表された「米国人のための食事指針案」。同脂肪酸の摂取量は、一日当たりの総エネルギー摂取量の1%未満とする勧告だ。日本人の場合は0.7%程度の摂取だから「合格」というわけだ。


世界各国で使用規制が始まっている

しかし、世界各国はトランス脂肪酸に警鐘を鳴らしている。デンマークでは04年1月1日からすべての食品について、同脂肪酸の含有率を2%までとする制限が設けられ、カナダでは05年12月12日から栄養成分の表示義務化の中に同脂肪酸を加えた。米国では、2006年1月から加工食品のトランス脂肪酸量の表示が義務付けられた。
また、共同通信が06年10月30日に配信した記事によれば、

「米地方自治体で同脂肪酸の入った油の使用禁止を検討する動きが広がっており、外食産業ではKFCに追随する企業が増えそうだ」
「バーガーキングも30日、一部店舗で同脂肪酸を含まない油を試験的に使用すると明らかにした。ウォルト・ディズニーも将来的にテーマパークで提供する食品やお菓子に同脂肪酸入りの油を使わない方針を決めている」
となっている。「摂取注意」ではなく、既に廃絶の動きになっていることがわかる。

「トランス脂肪酸」は「狂った油」とも呼ばれる。油の突然変異のようなもので、食用油を高温で加熱する過程や、マーガリンやショートニングなど植物油等の加工の際、水素を添加した場合などに生成される脂肪酸の一種だ。牛など動物の肉や脂肪にも含まれる。トランス脂肪酸を人が摂取すると、悪玉コレステロールが増加し、善玉コレステロールが減少。大量に摂取すると動脈硬化の原因になり、心臓疾患や発ガンのリスクを高めたり、免疫機能の低下、痴呆の引き金になるとも言われている。
引用元はこちら


ここで書かれている調理用油をサラダ油に置き換えて読むとよりはっきりとすると思います。ただし、全てのサラダ油に含まれているとは限りませんが、そもそも何を原料とした分からないオイルを使うことに不安を覚えてきませんが?また、外食などで油ものを食べるときにこの料理で使われているオイルは・・・と不安になってきませんか?少なくともわたしはかなり不安になります。のわりには外食も多いのですが・・・orz

薄揚げなどを買う時はもちろん、オーガニック、しかも何の油で調理されたものかを確認するようにしています。しかし、そのうえでさらに熱湯で油抜きをします。

また、下記のニュースを耳にした方も多いのでは?

トランス脂肪酸全廃へ=食の安全を重視-セブン&アイ
セブン-イレブン・ジャパンなどを傘下に持つセブン&アイ・ホールディングスは27日、トランス脂肪酸を含む商品の取り扱いを将来的にやめる方針を明らかにした。過剰に摂取すると健康に悪影響を及ぼすとされ、欧米では規制の動きが進んでいる。セブン&アイは、国内で他社に先駆けて自主規制することで、食の安全を重視する姿勢をアピールする。
 トランス脂肪酸はマーガリンやパン、お菓子などに多く含まれ、摂取し過ぎると心疾患などのリスクを高めるとされる。2000年代初めから、欧米などで使用を制限したり成分表示を義務づけたりする動きが広がっており、日本の消費者庁も表示の義務化を検討している。(2010/12/27-17:45)
引用元はこちら


現在の日本で体にいいもの、安全なものだけを食べて生活をしていくことは相当に難しい、と思います。でも、努力して、そのレベルに近づけることは可能だと思います。外食の回数は減らす。同時に家で料理に使うものは源泉する、などなど。


トランス脂肪酸は健康に害を及ぼします!


そして、ひいてはお肌の健康=美肌にも害を及ぼします!


それを意識して、食べるものを見直してみませんか。長くなったので次回に続きます。いつになるかは分かりませんが・・・汗。もう少し具体的に考えていきたいと思っています♪

あ、ちなみにお肌にもダイエットにも健康にもいいオイルもありますよ♪伊達先生は、『食べる美女肌セラピー ―― 体の中からキレイになる』で今年は内側からキレイに♪加熱できる『オメガ3オイル』はコレです!全国的に品薄につきお1人様5...をおすすめされています。オメガ3系のオイルなのに、加熱できるのがすごい!とsnowwhiteも次はこれを狙っています♪ちなみに上記では有機JAS(無農薬・無添加)オーガニックフラックスオイル(有機亜麻仁油)(ビン)190gもオメガ3系のオイルになりますが、あまりにも繊細な子すぎて、加熱調理はできませんの・・・涙。常に生オンリーでしかもさして美味しくないのがネックですのよ・・・


植物性人工脂肪のトランス脂肪酸は健康の敵
農林水産省/トランス脂肪酸に関する情報
wikipediaトランス脂肪酸 


ライン♪


【オススメ☆snowwhiteも使っています。手作りコスメのお店】
手作り化粧品材料 マンデイムーン
手作りコスメ素材の店「ぴのあ」
ケンコーコム
セラピストの問屋

乾燥肌の人がつくった化粧品屋さん
あなたの為の化粧品工房BS-C

■ランキングに参戦しています♪
にほんブログ村 美容ブログ にほんブログ村 ノンケミカルスキンケア にほんブログ村 美意識(美容) FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

関連記事

Category: 食べるオイル。

Thread: 美容と健康

Janre: 心と身体

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurubihada.blog6.fc2.com/tb.php/215-bd67777b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。