05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

お肌の細胞は死んでいる必要がある。 ~ためしてガッテンより。【追記あり】 

11月9日(火)午後4時05分~4時50分「「カサカサがプルプルに!素肌力劇的アップ秘技」[再]」 に再放送されます。


昨日、たまたまつけたNHKでためしてガッテンを見ました。だって、タイトルが「カサカサがプルプルに!素肌力劇的アップ秘技」なんだもん笑。アラフォーのわたしとしては気になりますよ~。

ためしてガッテン

いつまでも若く、美しく。
そんな願いをもった多くの女性たちの大敵、冬のカサカサ肌。
化粧ののりが悪くなるだけでなく、シワやくすみの原因になるなど、お肌の乾燥はまさに百害あって一利なし!
実は今回、こうした肌の乾燥は、化粧水やクリームなど、よかれと思ってやっている普段のお手入れが元凶になることがある
という衝撃の事実が判明!
化粧などで、なんとかごまかせても、実はあなたの素肌にも“潤い力”が激減しているなんてことが起きているかも!?
プルプルのしっとり素肌を保つために、本当に効果的な方法は何なのか?
気になる「シミ対策」とあわせて、短期間で健康な素肌が手に入る、超役立ちテクニックを一気に大公開!



で、冒頭、20代、40代、80代、それぞれの女性のお肌の水分量とか飛散量とかあと、お肌の細胞が生きているか死んでいるかをチェック。

ためしてガッテン3人の写真

結果、きちんとお手入れを怠らない、20代、40代の女性のお肌の細胞を生きており、80代の女性のお肌の細胞は死んでいる・・・ただ息をしているだけの常態の様子。この女性は普段のお手入れは何もしない、ということでしたが、ぱっと見たら、年齢の割りにとてもキレイなお肌の女性です。

そして、誰のお肌が一番潤っているのか?=肌の水分量が一番多いのは誰か?





皆さん、想像がついておられると思いますが、80代の女性のお肌が一番、プルプルのモチモチでした!彼女が潤いクイーン♪お手入れをあんまりしていないの~と言っていた高齢の女性がトップ。逆に日ごろから毎月5万円の化粧品を投資して、お手入れをしている40代女性が一番、カサカサ肌という結果に・・・見た感じ、そうは見えないのですが、機械は嘘をつかない!?

で、番組は彼女のお手入れの様子をうつしていくのですが、角質培養の理論とシンプルスキンケアの魅力を知った今となっては彼女のお手入れは恐ろしい~

すごい勢いで肌をこすりますたたきます美容マスクをつけっぱなしで一晩寝ます!!!と衝撃の連続。。。ま、昔のわたしもあんな感じだったのかしら?いや、あそこまで肌にこすりつけるようにして引っ張っていなかったような・・・汗。過去は忘却の彼方に・・・客観的に眺めていると彼女のお手入れはダメ、ということがよく分かります。。。人のことはよく分かるもんですね・・・・




肌の表面にある細胞は死んでいるほうがいい。


うん、そうだろうね、と今は思っている。生きている細胞が肌のうえにあるということは本来、肌をカバーする役目を果たす死んでいる細胞が剥がれ落ちちゃっている、という状態なんだろう、と思っていたら、案の定、そうだった。死んでいる細胞(ターンオーバーの結果、表皮にでてきた細胞のことね♪)は細胞間脂質のもと、セラミドを発し、お肌に潤いを与え、かつ、お肌を守っている。うんうん、すごく素直に納得する。確かに最近のわたしのお肌は今の季節にも関わらず潤いとかしっかりと感じている。死んでいる細胞がいっぱいあるんだろうな、と思っている(いや、思いたい・・・)。

実は、この(生きた細胞の)核が消えるとき(死んだ細胞になるとき)、細胞は、体から水分の流出を防ぐため、また外界の刺激から体内をまもるために、とっても大切な物質を細胞外に放出してくれているんです。

その物質とは…セラミドなどの細胞間脂質のもと!

セラミドは、保湿クリームや化粧品に配合されている保湿成分で、角層では細胞のすきまを埋めるセメントのような役割をします。
実はこの細胞間脂質こそが、カサカサを防ぐために最も大切なもの!

しかし、角層の細胞に核がある、いわば、ちゃんと死んでいない美容マニアの女性のような肌は、この細胞間脂質が、正常に分泌されていないと推測されます。


耳に痛い話である・・・

上記の女性がこの状態に陥った最大の理由は以下の二つ。

・水分の与えすぎ。にもかかわらず、油分を与えていない。
・こすりすぎ。


これにつきるそう。彼女は確かにクリームを塗っていない様子であった。寝るときは美容マスクをしたまま寝ているしね・・・遠い目。



超簡単!カサカサ解消大作戦。


以下、ガッテンのHPより引用。ココね。

(1)皮膚をこすらない
こすりすぎは皮膚の炎症につながり、カサカサを招くだけでなく、肝斑(かんぱん)というシミの原因にもなります。
こうしたこすりすぎによる肌トラブルをさけるために、番組では、泡洗顔を紹介しました。
※泡洗顔の詳しいやり方は、2009年12月9日放送「あなたのシミ消します!冬の美肌復活大作戦」のページを参照。

(2)1日2回保湿する
朝晩、1日2回保湿剤を塗布することをプラスしただけで、肌の水分量が3倍になったという報告があります。
すでに粉がふくなどカサカサしている場合は、炎症を伴っている乾燥なので、刺激成分が少ない敏感肌用の保湿剤を使用することをおすすめします。
※乾燥が気にならない場合は、無理に塗布する必要はない、とのこと。

(3)ときにはお手入れをお休みする
もしかしたら、あなたの誤ったお手入れが、乾燥を招いているかもしれません。
ときには、毎日のお手入れをお休みして、顔や体のどの部分が本当に乾燥しているのか、また何が乾燥の原因なのか、見極めることも大切です。


まさしく、現在のわたしのお手入れ方法じゃーん、と一人ご満悦。

角質培養も今回のためしてガッテンがいっていることも基本としてはこすらないことよね。こするってことがいかにお肌を傷つけるのかよくよく納得できたわ。。もう顔マッサージなどは絶対にしないと一人、で思っているsnowwhiteなのでした。

また、保湿に関する考えはココによって違う(クリームを使う、使わないなど)、と思うのですが、とにかく、お肌はこすらない、これが合言葉です。はい、ガッテン、ガッテン!


とりあえず、昨日のガッテンはいいものを見たナーという感じで納得できましたよ♪


ライン♪


【オススメ☆snowwhiteも使っています。手作りコスメのお店】
手作り化粧品材料 マンデイムーン
手作りコスメ素材の店「ぴのあ」
ケンコーコム
セラピストの問屋

乾燥肌の人がつくった化粧品屋さん
あなたの為の化粧品工房BS-C

■ランキングに参戦しています♪
にほんブログ村 美容ブログ にほんブログ村 ノンケミカルスキンケア にほんブログ村 美意識(美容) FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

関連記事

Category: 美意識。

Thread: 美容関連

Janre: ファッション・ブランド

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurubihada.blog6.fc2.com/tb.php/170-3b7fe8af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。