09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

【175日目】角質培養実践日記。  

久々の日記。

さて、脂漏性皮膚炎ですが見た目的にはあんまり分からない、と思います。

が、実際のところ、薬をやめてから、痒みが生じており、イライラする日々が続きました。昨日あたりから涼しくなってきたためか、全く感じなくなりましたがw生活の改善と食事でせっせとゆるゆる改善を試しているところです。

そんな中の角質培養ですが、もちろん、続けています!

ただ今までは角質培養=ノンケミを混合している部分もあったのですが、今後はケミ・ノンケミにこだわらずやっていきます。

特に今回、久しぶりに使ったファンケルのFDR化粧品にはさすが!と感動したものです(汗)。

痒みの度合いが全く違うんですよね~。FDR化粧品だと全く感じません。が、手づくりのネロリの化粧水とネロリの馬油クリームでは痒みが~。ま、配合されている成分の違いだと思いますが。。。ただ、FDR化粧品は切り札として持っておきたい、という気持ちがあり、現在はネロリの手づくり系にゆるやかに移行中。肌の状況によって使い分けています。

メイクも普通にしています。手づくりファンデはほぼ毎日。お出かけのときはetvosのミネラルファンデをその上に重ねています。で、夜は石鹸洗顔。

洗顔は石鹸オンリー。夜は必ずしますが、朝はしたり、しなかったり。朝のべたつき次第で変えます。

もっとキレイに、もっと優しく。MMUとスキンケアの【etvos】

今は表面的にはあっさりで済ませ、体の内側から変化させることに力をいれはじめました。



サッポー美肌塾より。


内面からの美容に入るまえに・・・昨日、twitterでサッポー美肌塾さんが呟いていたことにシミジミときまして。簡単にご紹介。最後にはやはり自社製品の宣伝に結びつくのですが、言っていることがそうよね~と納得するものでありましたw
炎症をともなう肌トラブルからの脱出 ―免疫システムの強化と「肌が育つケア」
よく育った表皮が角質になり、育った角質でバリアー層が築かれると、肌は丈夫で、健康で、なんと言っても美しくなります。 肌の過敏さはなくなり、皮脂が詰まることもなく、肌理は整い、柔らかく透明感のある肌に育ちます。 トラブルを未然に回避する防御力が高まるので、多少のダメージや悪環境に振り回されない、美しい姿で安定した肌を実現します。シミの解消だってグンと速まります。
「肌が育つケア」は誰にも可能な着実な美肌作りです。
しかし、このような安定した美肌に至るまでに、肌が育つケアを妨害するものがあります。 過敏な肌が、安定した健康な美肌を目指す過程において、幾度か起こしてしまう“炎症”という揺さぶりです。 肌が育つケアが中断されるのです。
肌の育ちが足踏みし、時には後退したように見えるため、「今行っているスキンケアが合っていないのではないか?」と不安が取り憑きます。 何しろ毎日鏡で見るのですから、無理もありません。
このような揺さぶりを受けると――例えばニキビが増加してきたりすると、スキンケアで、あるいはまた化粧品で「何とかならないの!?」と追い込まれてしまうのです。 しかし、今だけの状態を改善するには、スキンケアも化粧品もほとんど関係ありません。
これらトラブルの発生は、対症療法的なケアをする以前に、身体が備えている免疫システムの良否が関係しています。
(一部略)
皮膚のひっかき傷や切り傷が治りにくい人と治りやすい人がいます。 治りやすい人は水道の水で洗うだけで放っておいても直に治ってしまいます。 治りにくい人は、薬で消毒したりしているのに、化膿して(炎症を起こして)いつまでもじくじくと長引くことがよくあります。 これは皮膚の状態やケアの方法というより、免疫力の問題なのです。
スキンケアと免疫はあまり関係がなさそうですが、実は先ほどの様々な肌の炎症はこう言うところで大きく関係しています。 炎症が深刻化すると、スキンケアどころではなくなりますからね。 トラブルに悩む人が、肌が育つケアからは遠い炎症を抑制するケアに傾くのは無理もないところと言えます。 しかし、これでは肌の改善は進みません。
肌が育つケアが成就し、丈夫な美しいバリアー層(角質層)ができあがると、このような炎症をともなうトラブルに巻き込まれることそのものが、まずなくなります。
ですが、その過程においては、肌が育つケアも少しは役立ってはいても、強力な力になるとは残念ながら言えないのです。
この場合、免疫システムが適切に働くことこそ、より早く、より容易に美肌が育つケアを完成させてくれるものとなります。 また対症療法的なケアに陥ることもなくなるというわけです。
(一部略)
よく免疫力が強いとか弱いとか言います。 確かに人は栄養状態が悪くなったり、過大なストレスがかかったりすると、風邪をひいたり、感染性の病気にたいする抵抗力が弱くなります。 免疫機能の低下です。
一方において免疫機能ががんばりすぎて、無害な異物に対しても攻撃を加えることが大きな問題になっています。 花粉症もその一つで、いわゆるアレルギーの問題です。
食糧難の時代には免疫のパワー不足、飽食の時代にはパワー過剰でアレルギーというわけです。
したがって私達が免疫のことを考える時には、単に免疫力が強い弱いではなく、免疫がシステムとして正常に働いているかどうかの観点が必要だと言えます。 ただ戦うだけでなく、誰と戦うか、さらに戦うか、そしていつ戦いを終えるか・・・といった精妙なシステムが適切に働いていることこそ重要なのです。

免疫プラザ
あま~いバナナで免疫力UP!
免疫情報カフェ
ちょっと健康オタク的な話になりますが、それって当然なんですよね~。健康な体と健康な心にこそ健康的な肌=美肌が育っていくんですよね~。最近、シミジミ思っています。で、要は免疫力を高めるってこと。で、現在、ワタクシ、免疫力をあげるべく生活しているわけざんす。それが美肌に繋がる、と信じて。。。遠い道のり。。。




内面からの美容。


で、現在、やっているのは下記。

【運動】
・ウォーキング(15分を1セットとして、1回で×2か×3)
・ヨガ(やりたいポーズをやりたいだけ)

【食事】
・バナナを食べる。そのまま食べるのもありですが、冷凍バナナに最近、はまっていますw
・ヨーグルトを食べる。(食後。一日で100gを超える量で)→善玉菌を増やす。
・α-リノレン酸の摂取。(まずは亜麻仁油を試してみる。)
・バランスが取れた食事。魚・野菜の摂取を意識的に。なんちゃってベジタリアンを極める。
・糖分の摂取はやめる。週に1度程度に抑えています。。。涙。
・ハーブティ・酢ドリンク・豆乳の摂取。
・玄米・発芽米を取り入れる。
※特にヨーグルトとα-リノレン酸に期待をかけています。そして、毎朝の快便を目指していますwww


【入浴】
・アロマオイルを垂らす。リラックスすることは大切。
・リンパマッサージ。老廃物を流す。

【掃除・断捨離をゆるゆると】
・モノを片付ける→空間にゆとり。綺麗な空間を作る。ホコリに対して意識が向くようにする。掃除機は3日に1度はかけるように・・・したいw

免疫情報カフェはほんまにベンキョーになりました。

これらのうち、いくつ生き残って、いくつ挫折するか分かりませんが、自分なりに免疫力強化につとめ、ピカピカのお肌を取り戻したいとまたもや闘志がみなぎっております。

角質培養から大きくそれていっている感じですが、角質培養ももちろん実践します。それと平行して自らの内面を見直す方向性でいきたいと思います!


ライン♪


【オススメ☆snowwhiteも使っています。手作りコスメのお店】
手作り化粧品材料 マンデイムーン
手作りコスメ素材の店「ぴのあ」
ケンコーコム
セラピストの問屋


■ランキングに参戦しています♪
にほんブログ村 美容ブログ にほんブログ村 ノンケミカルスキンケア にほんブログ村 美意識(美容) FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

■snowwhiteの日常生活
三十路女の日々是生活 in奈良



これ、ケッコーうまいです。

玄米ね~と眉をひそめるところでしたが、全く玄米らしくない。栄養価もいいのでしばらく続けたいと思います♪
関連記事

Category: 【Ⅰ】角質培養実践日記。

Thread: 美容関連

Janre: ファッション・ブランド

Tag: 角質培養  脂漏性皮膚炎  お手入れ  ネロリ 
tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

トラックバック

トラックバックURL
→http://yurubihada.blog6.fc2.com/tb.php/142-2daede49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。