05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゆるゆると美人になりたい!

アラフォー主婦のゆるゆると美人道。ブログ移転しました♪http://age.watamemo.com/

 

訪問ありがとうございます。


訪問ありがとうございます。当ブログ「ゆるゆると美人になりたい!」は気まぐれ更新。
現在は下記の「わたしらしく年齢を重ねる」で随意更新をしております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_20150220_わたしらしく年齢を重ねるブログ_2

それに伴い、ハンドルネームを変更しました。snowwhite改めワタノユキ(@Watano_Yuki

〔PR〕焼けたくない人のための日傘



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
SPONSORED LINK

『油抜きでは美しくなれない!良質オイルで潤い女子へ』 

オイルについてコンパクトにまとめられていて分かりやすかったので紹介します。食べるオイル、塗るオイル、美容のみならず、健康をも左右します。お肌と体によいオイルを見分けましょう!

油抜きでは美しくなれない!良質オイルで潤い女子へ

美容業界で話題沸騰中の『オイル』。オリーブオイルやグレープシードオイルを食生活に取り入れたり、アルガンオイルをスキンケアやヘアケアに活用するなど、使い方は様々で、美肌づくりに欠かせないアイテムとして重宝されています。

例えば、ダイエット中に「油を摂ると太る」と思い込んでいる人も多いようですが、油を一切摂らない“油抜きダイエット”では、便秘がちになり代謝も低下、逆に体に悪影響をもたらすことになり兼ねません。美しくなるハズだったダイエットが、ボロボロの身体を作ってしまいます。また、スキンケアの考え方も同様で、油を取らないと肌や髪も乾燥でカサカサになってしまいます。

しかし、ただ無意味に・無選別に油を摂っていても、美容に良いとは言えません。美しくなるために 不可欠なのは、『良質なオイル』。今回は『良質なオイルの選び方』を中心に、詳しくご紹介していきます。



積極的に摂りたい、良質なオイルとその成分とは?
美容のためにも是非摂りたいのは、続きを読む以下に記載されれいる成分が含まれるオイル。それぞれに働きが違うものの、体内では作れない重要な成分ばかりです。

-- 続きを読んでみる♪ --
スポンサーサイト

Category: 食べるオイル。

Thread: 美容関連

Janre: ファッション・ブランド

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

オメガ3摂取のススメ。 

現在、snowwhiteが摂取しているオメガ3系オイルは加熱できる『オメガ3オイル』インカインチオイルです。オメガ3系オイルは加熱に向かないのが最大のネックでしたが、このインカインチオイルは加熱できます☆そのことに感動して購入をしたのですが、何せお高いオイル。。。。なかなか加熱料理には使わず、ひたすら生のまま摂取をしています。

オメガ3系のオイルといえば・・・

 ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)
 ・しそ油
 ・えごま油
 ・インカインチオイル


などなどあります。snowwhiteは上記のすべてを一応、食べたことがあります。結論として、お味はどれもさほど美味しくない。でも、むちゃくちゃ抵抗があるわけでもなく・・・ということでせっせと摂取をしております。かれこれ、8ヶ月ぐらいになるのかな?


で、一番、効果を実感しているのは生理痛の緩和!


体質改善の一環として色々と手を出しているので、必ずしもオメガ3の効果ばかりだとは言えないと思いますが、生理痛はてきめんに効果が出ています。特に生理前のPMSは素晴らしく改善されました。ええ、感動するほど。生理がはじまったかれこれ20年以上たちますが、現在ほど快適なPMSはないかも!?ってぐらいです。



-- 続きを読んでみる♪ --

Category: 食べるオイル。

Thread: 美容関連

Janre: ファッション・ブランド

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

【2】狂った油を食べていませんか? 

はー、忙しいwww

というわけで唐突に、狂った油=トランス脂肪酸とは何ぞやと勉強したいと思います。いや、実はsnowwhiteもはっきりとコレがトランス脂肪酸だと説明できないのですwwwすみません・・・orz

ただ知識として、狂った油=トランス脂肪酸=健康に良くないという程度の認識であり、油の酸化とかにも無頓着でしたわ、20代の頃は。それでも元気にいけていたのはひとえに同居する母上の健康意識と美意識、エコ意識が高さのおかげだったと思われます。ありがたや~ありがたや。

というわけで、今回、この記事を書くにあたって自分なりに勉強して、自分で説明できるようになりたいなーと願望を抱いています。

まずはトランス脂肪酸は日常のどこに潜んでいるのか・・・をサラリと。例によって、【BOOK】食べる美女肌セラピー 体の中からキレイになる/伊達友美より抜粋。下記のことはちょっと衝撃的というか、そうなのか!と納得する部分が多々ありました・・・涙。

菓子パン好きがお肌を荒らす?
とくに美肌を目指す方、美女を目指す方には「できるだけ減らしましょうね」と言ってしまうものがあります。
それは「菓子パン」!
菓子パンは主原料が小麦粉で、水分はほとんどなく、精製された塩分と大量の白砂糖、そして質の悪い油をたっぷりと含んでいます。
[一部省略]
しかも、菓子ぱんによく使われているのは自然界には存在しない「トランス脂肪酸」という加工油。悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールを減らし、心臓病のリスクを高めるほか、発がん性やアトピーなどのアレルギー疾患との関連性も指摘されるとっても困った油です。
細胞膜を変質させ、細胞の働きを狂わせることから「狂った油」とも呼ばれます。
トランス脂肪酸は、クッキーやケーキなどのお菓子にサクサクとした歯ざわりやしっとり感を出すために使われるショートニングという油やマーガリンにも含まれます。


自分でお菓子やパンを作る人は材料に「油」が使われていることは知っているでしょう。自分で作るときの油は自分で厳選して、自分のために作ることができます。しかし、大量生産されたお菓子は?1度、コンビニやスーパーで商品の裏側にある原材料を見てください。「植物油」「ショートニング」と書かれているものは要注意です。

そもそもトランス脂肪酸とは何者なのか?


-- 続きを読んでみる♪ --

Category: 食べるオイル。

Thread: 美容と健康

Janre: 心と身体

tb 0 : cm --   
SPONSORED LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。